美容研究家 イトウ

いろいろなビタミンC誘導体配合化粧水を試してきました。
その中で良かったモノを集めてみましたので、参考にしていただければ幸いです。

ニキビ予防はもちろんのこと、美白、シミ対策、シワ対策、たるみにも効果アリ!
・消炎症作用や皮脂分泌のコントロール作用でニキビの改善
・ニキビの色素沈着の防止
・美肌の大敵「活性酸素」を消去
・メラニン色素抑制し、美白効果
・コラーゲンの生産能力を向上し、ニキビ跡の凸凹、シワやハリの改善
・毛穴を引き締める
・新陳代謝を高めて、シミやくすみの改善。。。
など さまざまなお肌の悩みに効きます!
美肌に欠かせないビタミンCを安定させ、肌への浸透力をアップさせたのがビタミンC誘導体
ビタミンCは活性酸素の除去やニキビの防止、ニキビの色素沈着の防止、メラニン色素の抑制などさまざまな効果が期待され、美肌・美白には欠かせない成分です。しかし、ビタミンCは人間の体内ではつくることができず、またそのままでは不安定で酸化しやすく、お肌の中に浸透しにくいという弱点があります。

このようなビタミンCの弱点を解決したのがビタミンC誘導体です。 ビタミンC誘導体はお肌に吸収されてからビタミンCに変化し効果を発揮するので、新鮮なビタミンCをお肌に届けることができます。またビタミンC誘導体は厚生労働省が美白成分と認める有効成分の1つでもあります。
ビタミンC誘導体は大きく分けて3種類あると言われています。
ビタミンC誘導体は大きく分けて
1つ目に即効性がある「水溶性ビタミンC誘導体」
2つ目に浸透力が高い「脂溶性ビタミンC誘導体」
3つ目に水溶性と脂溶性の性質を兼ね備えた「新型ビタミンC誘導体(APPS)」の3種類あると言われています。
即効性がある「水溶性ビタミンC誘導体」
「水溶性ビタミンC誘導体」の特徴として挙げられるのが即効性です。一般に知られているのが「水溶性ビタミンC誘導体」で、短期間で皮膚に吸収されるのでビタミンC本来の効果が期待できます。 しかし、その反面、皮脂の分泌を抑える作用によって乾燥しやすい肌になったり、敏感肌の人には逆に乾燥しやすくなったり、刺激を与えてしまうこともあるようです。


  浸透率が高い「脂溶性ビタミンC誘導体」
「脂溶性ビタミンC誘導体」は、肌への浸透率が非常に高く持続性にも優れたビタミンC誘導体です。 「水溶性ビタミンC誘導体」ほどの即効性はありませんが、肌本来が持っている脂質と馴染みが良く、 浸透率が非常に高いので、肌の奥深くまで到達し、真皮で細胞に働きかけます。 オイルに馴染みやすい性質からクリームやジェルタイプの化粧品に使用されています。


  即効性と浸透力を兼ね備えた「新型ビタミンC誘導体(APPS)」
「水溶性ビタミンC誘導体」の特徴"即効性"と、「脂溶性ビタミンC誘導体」の特徴"真皮への浸透力"をあわせ持つのが「新型ビタミンC誘導体(APPS)」です。 肌への刺激や乾燥の心配もなく、美白効果はもちろん、長期間使用することによるしわやハリの改善などのアンチエイジング効果も期待されます。脂質にも水分にも良くなじみ角質層への浸透力にも優れ、その浸透力は水溶性ビタミンC誘導体の100倍とも言われているほどです。細胞の奥まで浸透し活性酸素の除去、皮膚を活性化しコラーゲン合成を促進、肌本来の働きを取り戻すなどの効果が期待できます。